ミューズアソシエイツのホームページへ パシフィカファンドのホームページへ JTPAのホームページへ 梅田望夫
the archive

「下から見た小説」に映る新しい日本

2007年6月10日[中央公論]より

「ケータイ小説」が売れに売れ、ベストセラー小説部門ランキングの上位を独占する現象が続いている。読者は中高生から二十代前半の女性が中心。「ケータイ小説」は、携帯電話を使って執筆され、携帯サイト上にアップされ、携帯画面上で読まれる小説のことだ。そのうちの大ヒット作品が続々と書籍化され、『Deep Love』(Yoshi 著)、『天使がくれたもの』(Chaco 著)など、次々にミリオンセラー(一〇〇万部突破)が出ている。アメリカには携帯電話をめぐるこんな文化は存在せず、世界中を眺めても、日本発のまったくオリジナルな現象と言っていいだろう。

 昨年末頃から、日本の出版社の方々とお会いすると必ず「ケータイ小説」が話題に上るようになった。ただでも本を手に取らない若者たちが、小説も携帯電話で読むようになった。本までもがいずれ不要になってしまうのかと思いきや、書籍化された「ケータイ小説」をふだんは本を読まない層までが買う現象が起きた。これをどう受け止めるべきか。出版ビジネスとしては売れないより売れたほうがいいのだが、プロの作家が精魂こめて書く小説が売れず、素人が書く「ケータイ小説」が売れるのは「悪貨が良貨を駆逐する」かのごとき問題なのではないか……。誰もが「ケータイ小説」ブームにアンビバレントな感情を抱いていた。携帯画面の制約から、文章が短く、感情表現も情景描写もきっちり書き込まれず、独白と会話と行動が大部分を占める「ケータイ小説」。書き手の語彙も少なく、ストーリーも類型化して単純。「本のプロ」たちの「小説としての評価」は総じて低かった。在米の私は「ケータイ小説」に触れた経験もなく、その議論内容を判断するすべがなかった。

 そこで一念発起、「ケータイ小説」をテーマに本稿を書くために私は、一二〇万部を売り上げた『恋空』(美嘉著)と、発売まもなくミリオンセラーを記録した『赤い糸』(メイ著)、それぞれ上下巻累計一二〇〇ページを二日がかりで読破した。世代ギャップゆえ、最初の数十ページは読み続けるのが辛かった。修行のように感じ、何度もやめようかと思った。しかし読み進めるうちに、「ケータイ小説」の本質は、プロたちが指摘する「小説としての欠点」にあるのではなく、細部の圧倒的なリアリティにあると気づいた。

 たとえば、『人間喜劇』が十九世紀初頭のパリのさまざまな人間たちの姿を文豪バルザックが観察して書いた「上から見た小説」だとすれば、携帯サイトに書き込まれた七〇万余の「ケータイ小説」は、これまで作家の観察対象であった、ありとあらゆる層の人々の視線で書かれた「下から見た小説」なのである。中高生のすべてが携帯電話を持ち自由に都市を闊歩する二十一世紀初頭の日本社会は異様である。その都市空間のリアリティが「ケータイ小説」の細部を読むことで立ち上がってくるのだ。

「ケータイ小説」の仕掛け人の一人、伊東おんせんはその著書『ケータイ小説家になる魔法の方法』(ゴマブックス)でこう書く。

「『私の毎日なんてどうでもいいことばっかりだから…』なんて言わないでください。(中略)爐匹Δ任發いは叩蹐ストーリーの要所要所に盛り込まれていることが、読者の共感につながることは少なくないからです。まったくドラマティックではないかもしれない日常のワンシーンだけど、全体のストーリーの中で登場人物の魅力を際立たせるために必要不可欠な場合がある」(P65)

「ケータイ小説」は携帯サイト上の連載小説だから、人気が出ると読者の反応や要望もたくさん寄せられる。著者周囲の経験と厖大な数の読者の経験が融合し「日常のワンシーン」の「どうでもいい話」に圧倒的なリアリティが宿るのである。

ネットの進化によって総表現社会が到来し、ありとあらゆる表現機会がすべての人々に開かれようとしている。そのトレンドを先取りし、現代日本の携帯サイト上に「文章表現の甲子園」ができた。そしてその甲子園を勝ち抜いた「ケータイ小説」ベストセラーは、従来は描かれる側だった人々が筆を執ったゆえの新しい視線を読者に提供し、新鮮な魅力を発散している。本誌読者もだまされたと思って「ケータイ小説」のベストセラーを何でもいいから一〇〇〇ページ読破するという修行を敢行していただきたい。必ずや現代日本の新しい印象が読者の心の中に立ち上がってくるはずである。

ページ先頭へ
Home > The Archives > 中央公論

© 2002 Umeda Mochio. All rights reserved.